【Unity入門】Lego(初級) 01 Get started

2021年9月3日

Lego(レゴ)初級のチュートリアルを進めていこうと思います。

プロジェクトの取得

最初にUnityのダウンロードとインストールを行いました。

【ゲーム開発】Unityをインストールする
【ゲーム開発】Unityをインストールする
こんにちは、ノムノムです。 Unityとはゲーム開発用エンジンです。簡単に言えばゲーム開発に便利なツールが詰め…
http://nomux2.net/unity-install/

Unityのインストールが完了すると以下のような画面がでてきます。

翻訳

LEGO® Microgame

自分だけのカスタムされたLEGO®マイクロゲームを作る準備をしてください!

経験豊富なユーザーは、Playground Sceneに直接向かい、探索を開始できます。 Unityを初めて使用する場合、または記憶を更新したい場合は、作成の旅をすばやく開始するための一連のチュートリアルがあります。

「Load tutorials」をクリックしてください。

チュートリアル「Get started」

それでは初めて行きましょう

Get Started(はじめに)

翻訳

はじめに

このチュートリアルでは、Unity Editorの基本操作を学びます。

  • レゴ マイクロゲームのプレイテストをする
  • Unity Editorのインターフェースを確認します。
  • Minifigキャラクターをよく早くする

準備はいいですか?

→ Startを選んで始めます。

「Start」をクリックして次に行きます。

Enter Play Mode(Playモードを実行)

翻訳

プレイモードを実行

まずはPlayモードでゲームをやってみましょう!デフォルトのレイアウトで上部にあるToolbar(ツールバー)から実行できます。

詳細

  • Scene View(シーンビュー)は、いろいろなものを操作したり変更する場所です。
  • PlayモードはScene ViewをGame View(ゲームビュー)に変更してテストをします。

→ Playを選択してPlayモードに入ります。

キャラクターが映っているところがScene Viewになります。
それでは画面上部にあるPlayをクリックします。

Explore the game(ゲームの探索)

翻訳

ゲームの探索

できること

  • WASDまたは矢印キーで移動します
  • Spaceキーでジャンプします
  • キャラクターが空中にいるときに再びジャンプしてダブルジャンプします
  • マウスを使用して、キャラクターの周りでビューを回転させます
  • タブを使用してオプションを一時停止または表示する

→ 完了したら、もう一度[Play]を選択してPlayモードを終了します。

とりあえずサンプルのプロジェクトをプレイしてみましょう。
ゲームの目的は、緑色のプカプカ浮いているのを集めることのようです。
途中で2段ジャンプでも届かない崖があります。困りました。先に進めません。

Select the Player Minifig GameObject(「Player Minifig」ゲームオブジェクトを選択します。)

翻訳

「Player Minifig」ゲームオブジェクトを選択します。

次にMinifigの動きの設定を変更してスピードアップしましょう。

詳細

  • Minifigを含むゲーム内の全てのものがGameObjectと呼びます。
  • Hierarchyは、ゲーム内の各GameObjectを整理できる場所です。
  • GameObjectを選択することにより、詳細の確認、動作の構成を行うことができます。

→ 「Player Minifig」GameObjectを選択します。

Hierarchyウィンドウにはゲームオブジェクトの一覧が並んでいます。この中から「Player Minifig」を選択します。

Increase the Max Forward Speed(前進の最大スピードを上げる)

翻訳

前進の最大スピードを上げる。

Max Forward Speedプロパティは、Minifigが前進する速度を制御します。

詳細

  • •HierarchyでGameObjectを選択すると、そのGameObjectの要素(コンポーネント)がInspectorに表示されます。
  • コンポーネントは、GameObjectに固有の機能を提供します。
  • Player Minifig を制御するコンポーネントは、プレーヤーの入力に応じてMinifigを動かすものです。

→ Max Forward Speedを13に変更します。

[次へ]を選択して続行します。

Inspectorのタブは、Hierarchyで選択したGameObjectの要素を表示したものです
つまりここはGameObjectの中身そのものという認識で間違いないでしょう。

Max Forward Speed に13を入力します。「Next」ボタンが活性化するのでクリックして次に行きます。

Save your changes(変更の保存)

翻訳

変更の保存

変更を定期的に保存します。— Unityエディタには自動保存機能はありません。

→ トップメニューで、[File] > [Save]でできます。
ショートカットCtrl / Cmd + S を使えば、いつでも保存を行うことができます。

Enter Play Mode(Playモードを始める)

翻訳

Playモードを始める

それでは変更のテストしてみましょう!

→ Playを選択してPlayモードを始めてください。

先ほどMax Forward Speedを変更しました。実際テストプレイをして変更されているかどうか確認します。

Test your changes(変更をテストする)

翻訳

変更をテストする

移動速度を上げてテストします。やってみてPlayerはどのように変化しましたか?

(それでも裂け目をを越えることはできませんが、心配しないでください。次に修正します!)

→ テストが終了したら、もう一度[Play]を選択してPlayモードを終了します。

走るスピードを変えてもあの谷は越えられないようです。次のチュートリアルに期待です。

Next steps(次のステップ)

翻訳

次のステップ

このチュートリアルでは、Unity Editorインターフェースの基本を勉強し、基本的なMicrogameをテストプレイしました。

次は、あなた独自の変更を行います。

→ 「Tutorial 2: Get to the next island」を選択して直接始めるか、完了してチュートリアルの概要に戻ります。

お疲れさまでした。チュートリアル1はこれでお終いです。

次回

【Unity入門】Lego(初級) 02 Add a platform
【Unity入門】Lego(初級) 02 Add a platform
前回はLego(初級) 01 Get startedをやりました。 それでは続きをやっていきましょう。 内容 …
https://nomux2.net/lego-02-add-a-platform/

まとめ

簡単でした。こんな調子で進めていきましょう。
自分でも英語翻訳が納得できない部分もありますが、概ね理解頂けると信じて良しとしてください。< (_ _)>

ここまで読んで頂いてありがとうございます。