大容量のMicroSDをFAT32でフォーマットする(64G/128G/256G)

2020年2月15日

こんにちは。ノムノムです。

Raspberry Pi(ラズパイ)でMicroSDを使うにはFAT32でなければいけません。

ですが64GB以上を購入するとexFatという形式でフォーマットされて送られてきます。
このままではRaspberry Pi(ラズパイ)では使えないのでFAT32でフォーマットする必要があります。

現在のフォーマット形式を確認する

MicroSDをUSBカードリーダーなどに刺してパソコンに接続してください。
MicroSDを接続したUSBドライブのプロパティを確認します。

ここがFAT32であれば今回の作業は必要ありません。

FAT32形式にMicroSDをフォーマットする

フォーマットツールをダウンロード

BUFFALOのサイトからから「Disk Formatter」をダウンロード します。

特に注意することもないので普通にインストールしてください。

最新版のDisk Formatter2がリリースされていますが、これを使ってFAT32形式にフォーマットできませんでした。こちらはBuffalo製品でなければ 使えないようです。

MicroSDをFAT32にフォーマット

1.DiskFormatterを起動

起動させると以下の画面が出てきます。

パーテーション情報を確認してフォーマット対象のMicroSDを選択する

コンボボックスからUSBのドライブを選択します。
ここで間違えるとHDDの中身を消してしまうのでちゃんと確認しましょう。

フォーマットをクリック

フォーマットを行う内容を確認しましょう。

間違いがなければ「はい」を押してください。

確認

フォーマットが完了するとファイルシステムがFAT32になっています。

「メディアがライトプロテクトされています」と表示された場合

何回かフォーマットを繰り返していたら以下のエラーがでてフォーマットできなくなってしまいました。

解除の仕方1

1.「Windows + R」キーを押してください。

2.「diskpart」を入力してOKを押します。

そして以下のようにコマンドを実行します。

3.「list disk」

4.「select disk n(nはUSBメモリーのディスク番号です)」

5.「attrib disk clear Readonly」

6.「exit」

7.もう一度「DiskFormatter」でフォーマットしなおします。

解除の仕方2

Fat32Formatterを使用します。

1.「Fat32Formatter」起動します。

2.物理ドライブをUSBメモリにします。

なかなかすごいこと言われました。崩壊!?

3.「ドライブ初期化」を押します。

4.もう一度「DiskFormatter」でフォーマットしなおします。
Fat32Formatter では大容量のMicroSDのフォーマットができませんでした。

まとめ

これでFAT32でフォーマットすることができたでしょうか?

Raspberry Pi(ラズパイ)を大容量のMicroSDで動かすには必要な作業になります。